読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タブレジさん

7月3日

 

 昼休みにタブレジさんの家にお邪魔した。インドのテレビ番組をつけてくれた。ブレイキングニュースでダッカのテロ事件について報道していた。中国人か日本人が人質として捕まっているということだった。ネットで関連した情報を調べると、テロリスト集団は安倍総理のISISへの対応を踏まえ、日本を敵だとみなしているというような記事もあった。

 

 最後のシフトだったのでタブレジさんの人生について詳しくいろいろ聞いた。コルカタの小さな村に生まれ、学校に数年通い、家の畑仕事を手伝い、その後16歳でバンガロールに出稼ぎに出た。まず、6年間小さなレストランで働いた。その6年はとても大変な期間だったらしく、工事中のビルの警備員さんにお金を払い、中に住ませてもらっていたと言っていた。それから料理の免許を取り、チェンナイのレストラン、ホテルを経て、バンガロールのタージホテルのポストについた。タージホテルはムビースターなどが泊まるホテルであるらしい。タージホテルではシェフが90人ほどいて、その中で何度か賞をとたこともあるらしい。

 

 いろんな国のインド料理屋が、タージホテルで働く腕のいいシェフをヘッドハンティングに来るらしい。タブレジさんは一度日本のレストランからもオファーをもらったが、ポークカレーを出す店だったために断ったと言っていた。いろいろな国のインド料理屋をインターネットで検索すると、タージホテル出身のシェフが働いているという情報が頻繁に見つかる。タージホテルから世界に広がるネットワークはとても広そうである。もっと詳しく調べてみたい。

 

 別れの挨拶はとても気持ちよかった。これからもインド料理を勉強し続ける予定であることを伝えると応援してくれた。サベルさんは別れを惜しむのが苦手なタイプだった。「それではまた。インシャアッラー。」と言って気持ちよく退職。