読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bomba Estereo

7月31日 

 

 この間の火曜日に、ようやく、働かせてもらえるインド料理屋を見つけた。ノースシドニー駅近くのフードコートにあるインディライトというお店である。火曜日にトライアルを1時間ほど受け、翌日から金曜日まで働いた。シェフは、僕のヒンディー語とインド料理に関する知識に驚いている。金曜日には、僕の3日間の仕事に対して、4日分のお給料をくれた。

 

 仕事を見つけてから、突然、ドバイに関するリサーチが進み始めた。必要な書類をそろえ始めるとか、大使館に行ってビザについて尋ねるとか、そういった段階に来ている。アラビア語の勉強も再開しなくてはいけない。アラビア語の独習を始めて3日後くらいにオーストラリアへ来ることになってしまい、全くはかどっていない。

 

 今、最寄りのUAE大使館はどこか調べた。どうやら、キャンベラが最寄りらしい。行く必要がないことを祈る。

 

 今日は、8時に起き、朝食にコーンフレークを食べ、まず、洗濯をした。乾燥機が誰かに使われていたので、屋上のスペースに洗濯物をつるす。今日出かけるときに必要な上着を部屋のヒーターの前につるして、早く乾かそうと試みた。

 

僕が洗濯物を乾かしている間、おそらく11時くらいに、ルームメイトのピーターはビールを飲み始めた。ピーターはオーストラリアにスポンサーを見つけ、もうすぐ移民が完了しそうらしい。リバプールの出身のピーターはビートルズが好きで、いつもビートルズを聴いている。何かのタイミングで、「With A Little Help From My Friendという曲のヴォーカルがポールマッカートニーかリンゴスターか。」という議論になり、ピーターがポールマッカートニー、僕がリンゴスターと主張し、ビールを一本賭けた。

 

午後になって、仕事用の靴を買うために、ボンダイ・ジャンクションのケイマートに行った。昼ご飯には中華料理のテイクアウト店で牛肉と玉ねぎのみそ炒めのようなものを食べた。安い靴を買い、そこら辺をぶらぶらして、帰り道、4本で6ドルのビールを買って、帰宅。シドニーに来てから、あまりぶらぶら歩きまわれていない。シドニーの好きな場所をまだ発見できていないでいる。レコード屋巡りとかもしてないし。明日の帰りは歩いて帰ってこようか。

 

宿に戻り、コロンビア人青年ルーカスとビールを片手に話す。Bomba EstereoとMonseiur Perineというコロンビアのバンドが好きだというと、「なんでしっているの。」と言うリアクションと共に僕を歓迎してくれた。ルーカスは何度もBomba Estereoのコンサートに行ったことがあると言っていた。うらやましい。

 

明日からも少しづつドバイに関するリサーチを進めていこう。