読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本滞在2日目

8月10日 

 

 昨日5時頃、成田空港に到着し、大江戸温泉で村人4人による集会を行った。表現とお金というテーマについて、それぞれの持つ思いについてなど発表しあい、集会は夜2時まで続いた。

 

 今日は9時30分の東京駅行きのシャトルバスに乗り、それぞれ明日の準備を整えるために、単独行動を開始した。宿から東京駅までのバスは、勝どき駅新富町駅など、去年の夏に就職活動で訪れた場所を通過した。サラリーマンたちがクールビズワイシャツとスリムフィットスラックスを着て、ビルとビルの間を行ったり来たりしていた。

 

僕は東京駅から、なじみの街である池袋に向かった。山手線の車両は新しくなり、座席上の広告は電光掲示板になっていた。ラブライブという声優のアイドルグループとプロレスについての広告が流れていた。

 

池袋に着き、ラーメン二郎に入った。12のカウンター席にずらりと人が座り、僕ともう一人の青年が立って空席を待っていた。東京FM が流れ、「夏のうっかり告白」というテーマで番組を進めていた。日本の夏の雰囲気を感じる。「渋谷に友達と遊びに行きたいな。」と思った。少し汗をかきながら、楽々とラーメンを完食し、いつものベローチェに向かった。池袋東口には4件のベローチェが密集している。

 

店内でタバコを吸っていると、「イパネマの娘」がかかりだす。そして日記を書きたくなり、パソコンを開いた。移動していることと、東京の夏の影響で、テンションが少し高めである。誰か女の子と渋谷にビールを飲みに行きたい。残念ながら、14日までの滞在中に渋谷に行くことはなさそうである。村民の榎本君は「矢崎の社員は彼女がいなさそうな人が多い。」と言っていた。それを聞いた堀口君は苦笑していた。

 

今日はこれから本屋を数軒回る。その後、日本に留学中の友達フシッドに会えたら会いたい。そして早めに宿に戻り、調べものを少しして、温泉につかり、集会二日目を始めよう。  まず往来座という古本屋に行った。名前を忘れてしまったが、21歳くらいで死んだ女性の作家のコーナーがあった。ドグラ・マグラの映画のポスターを100円で買い、ジュンク堂へ梯子。インドカレーに関する本のコーナーが特設されていた。ムンバイの有名なインド料理学校の学長は日本人らしい。買いたいと思う料理本がいくつか見つかった。それから、旅行記エリアに行き、ドバイイスラエルについて調べる。イスラエルがとても魅力的に思えてきた。イスラエル人の友達にもメールを送ってウルバンについて聞こうと思う。

 

本屋を出て、隣のスタバのWIFIを使って、インド留学時代のクラスメイト、フシッドにメールを送った。彼は1年半ほど都内で日本語を勉強するらしい。5時頃に会いとにかく話しまくる。そして、どうやら日本であまり友達ができず、さみしい生活を送っていることが分かった。なんとなくインドで一緒に過ごしていた時より元気がなかった。最近、日本人のコミュニケーション方法がどれくらい独特なのか感じることが多いだけに、フシッドの苦労がなんとなくわかる。

 

2人で居酒屋に入り、日本語の練習や、日本食の紹介をした。枝豆、焼き鳥、おにぎりはおいしそうに食べていたが、串カツ、豆腐、に関しては、いまいちなリアクションをしていた。「嫌いなら嫌いとはっきり言っていいよ。」と言っていたが、なんとなく申し訳なさそうだった。フシッドはかつて、「俺は母親に甘やかされて育った。俺はお母さんが大好きだ。5歳までおっぱいを吸っていたくらいだ。」と言っていた。多分、食べ物の好き嫌いも多い方なのではないかと思う。

 

今度フシッドに会えるのは3月か4月になりそうだ。その時に日本についてどんなことを言ってくれるか楽しみである。