読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール

10月4日

 

今住んでいる部屋では、お酒を飲むことが禁止されている。

 

なぜなら、シェアフラットのマネージャーがムスリムで、8人住んでいるフラットメイトのうち、6人はムスリムだからである。

 

同じ部屋のシャランは、ヒンドゥーでお酒を飲むが、ビールを飲むとお腹が痛くなるらしく、飲みたいときに誘っても、あまりノリがよくない。

 

だから、ボトルショップに行って、4本で10ドルのビールを買って、アパートの庭で、隠れて飲んでいる。

 

昨日は祝日で約4週間ぶりの休日。フラットメイトたちとロイヤルナショナルパークへ行きバーバーベキューをした。デリーワーラー、ムンバイワーラー、ラホールワーラーの友達が新たにできた。 とにかくいろんな人に会って、何か感じる人と話しまくろう。 

 

公園に着くと、早速みんなはクリケット始めた。

 

僕に順番が回ってきたので、野球の構えで打席になった。2球ほどボール球を見送って、3球目にフルスイングをした。

 

分厚い板のようなクリケットのバットは重く、かなり振り遅れた。これは空振りだとスイング前からなんとなくわかった。

 

重いバットを体の前まで振ったところで、急にバットが軽くなり、全身の力が抜けた。バットが弾に当たる感覚はなかったが、何かが僕の手元から飛んでいく感じがした。

 

バットを振りぬいた僕の手にはバットのグリップだけが残っていた。何が起こったのかよく理解できなかったが、サード方向に顔を上げると、真っ青になった友達の顔があった。 僕の振ったバットの重くて暑い板の部分はグリップ部分からすっぽ抜け、サード方向へ飛んで行っていたのだった。

 

幸い、誰にもバットがぶつかることはなく、笑い話ですんだ。みんなが笑っていたので僕も笑ってごまかした。 あと10日ほどで夜に働いているレストランを去ることになったので、その後、また、新たな展開がはじまりそうである。早く辞めてゆっくり、じっくり物語を進めたい。

 

クリケット大会はバットが壊れてしまったので終了となった。